博多だから山笠

日々のこと

博多っ子にとってのお祭りはやっぱり「山笠」

博多のお祭りといえばゴールデンウィークに開催されるどんたくが一番に上がりそうですが、博多っ子の場合はちがいます。

やっぱり山笠、そして追い山。

追い山とは飾った山を櫛田神社の奉納する神事です。

神様への大切なお届ものを気合をいれて気持ちを込めて奉納するということなのです。

実際のお祭りでは櫛田神社への奉納までに一定区間、山を担いで走りそのタイムを競います。

追い山を見ていると走りながら走りてが合図によって次々に交代していくそのチームワークがすごいですね。

ひとりが乱れればみんながこけてしまい大惨事です。

現在では飛び入りでも参加できるようになった追い山ですが、地域の人たちは子供のころから法被姿で山の後ろを走っています。

子どもたちは本番では走れないのですが、追い山ならしという練習のときにはいつも参加しています。

この追い山の期間、博多ではキュウリは食べられないってご存知ですか。

キュウリの輪の模様が櫛田神社のご紋に似ていることからそうなったということです。

追い山が終わりましたので今日からキュウリが食べられますね。

山笠は男性だけのお祭りではない

追い山は男性しか参加できません。

男女同権という言葉もありますが、むしろ男子には男子の役割があるし女子には女子としての役割があるので、違いを認めてもらっているようで自分はすごくうれしい感じです。

この違いがあるからこそお互いにサポートしあえるし必要だと感じられるのが男子と女子のパートナーシップです。

今も昔大切な男女のパートナーシップ。

より良い成婚で築いていけるようOPPOもがんばります。

日々のこと
福岡・佐賀・唐津で婚活するなら結婚相談所ブライダルハートオポがおすすめ!ブログ更新中